ブログ

小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)第5回受付締切分が新設されています

日本商工会議所が実施している小規模事業者持続化補助制度の第5回受付締切分の締切日が令和2年12月10日と迫ってきています。

小規模事業者持続化補助金事業は、サプライチェーンの既存への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換や、テレワーク環境の整備などの具体的なコロナ対策に取り組む小規模事業者の支援を目的としています。

補助金は原則100万円(補助率:2/3または3/4)が上限となっています。

日本商工会議所HP https://r2corona.jizokukahojokin.info/corona/

本事業は、経済産業省が実施している持続化給付金とは異なり、あくまで補助金であることから審査があり、不採択となる場合もあります。

補助金交付時期は、原則として取組経費の一部から補助金額を確定していく後払いで、自己負担が必要となっています。

概算払いによる即時支給を希望することもできますが、その場合は、区市町村が発行する「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明」が必要となります。

概算払いによる即時支給を申請できる対象事業者は、売上が前年同月比で20%以上減少している小規模事業者となっています。

「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明」発行については、中央区では区民部商工観光課中小企業振興係が問い合わせ先となっていますので、ご確認ください。

中央区HP https://www.city.chuo.lg.jp/sigoto/kigyonosinko/_user_shoukan_shien.html

テレワークの導入については、労働時間の管理など悩ましい課題もありますが、テレワーク環境自体はコロナ終息後も利用できることから規模の大小はあれ進めている事業者は多いかと思います。

第5回の締め切りが迫ってきていますので該当事業者は忘れずに補助金を申請しておきましょう。

関連記事

  1. 国勢調査の回答義務
  2. タクシー乗車に際してのマスクの着用について
  3. 自筆証書保管制度がスタート
  4. 持続化給付金~書類提出期限の延長
  5. 当事務所で取り扱いの多い案件
  6. 泉佐野市が最高裁で逆転勝訴
  7. 自筆証書遺言の方式緩和
  8. サブリース方式による賃貸住宅経営等に関する注意喚起

最近の記事

PAGE TOP